自然科学書協会タイトル

 一般社団法人 自然科学書協会 
64期第3回会員集会・会員懇親会報告


 先の1月15日(木)11時30分より、日本出版クラブ会館において、64期第3回会員集会が開催されました。年始の忙しい時期にもかかわらず、会員各社の代表者をはじめとする35名に出席いただきました。
 開会の冒頭、金原理事長は新年の挨拶の後「これまで権利問題を検討してきたが、昨年新たに電子出版権が創設され、年明けより施行された。これは業界にとっては非常に大きいことだ。この権利をどのように運用し、新たな契約書をいかにまとめていくかが非常に大事になっている。今後も予想される消費税率の変更など、問題はいろいろとあるが、専門書の立場としてどうあるべきかを考えて活動していきたい。また、今期は役員改選期になるので、残された検討事項にしっかりと対応し、事業計画を予定通り進めていくので、会員各社のご協力をお願いしたい。」と述べられました。
 その後、各専門委員会の活動報告が行われ、中でも税制再版特別委員会の軽減税率に関する熱のこもった報告に、参加者は耳をそばだてて聞きいっていました。
 引き続き12時30分より会員懇親会が開かれ、会員各社の代表者に協会相談役、事務局を加えた総勢37名が参加されました。金原理事長の乾杯の発声の後、賀詞交換と情報交換が会場内の各所で賑々しく繰り広げられていました。こうしておよそ90分にわたって行われた新春の宴は、南條専務理事の挨拶と三本締めでお開きとなりました。

(総務委員長 長 滋彦)

金原理事長
金原理事長

南條専務理事
南條専務理事




         

一般社団法人 自然科学書協会(NSPA)