自然科学書協会タイトル

 一般社団法人 自然科学書協会 
「第14回出版・印刷人の集い」報告


 平成23年11月17日(木)16時30分より、東京都印刷工業組合出版メディア協議会主催、社団法人出版梓会、社団法人自然科学書協会協賛で「第14回 出版・印刷人の集い」が行われた。3団体から146名が参加した。

星野渉氏(文化通信社)
星野渉氏(文化通信社)

 第1部は日本出版会館にて、司会の渡邊一正東京都印刷工業組合出版メディア協議会副会長進行のもと、星野渉氏(文化通信社)を講師にお招きし、講演会を開催した。講演は「出版業界のリスクとドイツの事例」と題し、ドイツで発表され話題となった2025年の将来像を示した「55のテーゼ」、取次決算にみる出版流通の今後、ドイツの書店や出版業界の視察報告を交えて、買切取引になるとどうなるかといった考察などの講演が行われた。

 その後、場所を日本出版クラブ会館に移し18時より第2部として、出版社と印刷会社の交流の場となる懇親会が開かれた。司会の金子稔東京都印刷工業組合出版メディア協議会副会長進行のもと、青木宏至東京都印刷工業組合出版メディア協議会会長、当協会後藤武理事長の挨拶に続き、下中直人出版梓会副理事長の乾杯の音頭で懇親会が始まり、抽選会が行われるなど和やかな雰囲気での交流の場となった。最後に萩原誠東京都印刷工業組合副理事長の中締めで閉会となった。

後藤理事長
後藤武理事長の挨拶

協会会報2012.1/15(NO.1)より再掲




         

一般社団法人 自然科学書協会(NSPA)